クレジットカードって審査は甘い?海外旅行の前には準備しておきましょう

アメリカで使うお金があります。
(笑顔)。
その一方で、アメリカはカード社会でもあります。
※ホテル、レストラン、ファーストフード、スーパー、お土産屋などの殆どの施設でカードを使うことが出来ます。
そんな人にお勧めします。
現金はちょっとした飲み物、食べ物、雑貨などを買うお金として使います。
そう思います。
(笑顔)クレジットカードを持っていないと言う人もいることでしょう。
そんな人は、渡航するまでに加入して準備しておくと良いですね。
そう思います。
年会費、入会費など無料で加入するこおtが出来るカード、海外旅行傷害保険がついているお得なタイプのカードもありますよ。
(笑顔)それ以外にもトラベラーズチェックを持っていくと言う方法もあります。
しかし、観光地以外ではあまり使えないですね。
ですから、観光目的で渡航する時以外は不便と言えます。
(汗)。
アメリカには日本にはない「チップ」と言う文化があります。
初めてアメリカへ渡航した人は、とまどうことも多いようですね。
(汗)チップは、ホテル、レストランなど、サービスを受けた時に感謝を示すために支払うものになります。
<チップの相場について>レストランでは食事代金の10%~20%になります。
代金が100ドルだった場合は10ドル~20ドルを上乗せします。
それで払います。
現金で支払う時は、チップをたした分のお金をテーブルに置いて帰れば良いのです。
クレジットカードで支払う時は、サインをする伝票にチップの金額を書く欄があります。
それで金額を記入します。
あるいは、その金額欄には「0」(ゼロ)と書きます。
テーブルにチップだけを現金で置いておくと言う方法です。
ビュッフェ式の場合は、食事代金に関係なく1人1ドル程度のチップで良いですね。
(笑顔)ファーストフードの場合にはチップはいりません。
ホテルでは部屋まで荷物を運んでもらった時、またルームサービスを運んでもらった時に数ドル渡すようにします。
ベッドメイキングをしてもらう時にも、枕元、枕の下などに数ドルチップを置きます。
タクシーでは必ずチップが必要になりますよ。
クレジットカード審査甘い?難易度ランキング【通りやすい窓口】